自分の中でルールを決める

せっかく悩んだ末に買った銘柄も、その会社の業績が予想に反して悪化してしまい、株価の値下がりが長く続いて仕舞う可能性も居残る。そういった場合には、その株式を無理に持ち続けないで、売り払ってしまうことも必要だ。

こういうときも大事なのは、「一時的な株価の動きに惑わされないで判断する」、についてです。

ルール
自分の買った株式を保ち積み重ねるか、売って仕舞うかという判断に、自分なりのルールを決めておくのもよろしい。
例えば「半年ごとに、株式を売るかどうにか判断決める」とか、「最初に買ったときの値段よりも20%以上値下がりしたら、取り扱うことに決める」というふうに決めておくって、保ち積み重ねるにせよ取り扱うにせよ、判断が一時的な株価の動きに左右されがたいだろう。

バイナリーオプションのコツを掴む方法