長期投資と分散投資

株式など値動きのある相場商品への投資に際して、「長期投資」の重要性がよく指摘されます。長期投資には、相場の変動幅を少なくならす(平均化始める)効果があると言われますが、具体的にはどういうことなのでしょうか。過去10年間の日経平均株価を例にとりまして検証してみます。

1997年~2007年の10年間で、各年末から翌年末までの日経平均株価の騰落率は、順に-9.3%、+36.8%、-27.2%、-23.5%、-18.6%、+24.5%、+7.6%、+40.2%、+6.9%、-11.1%となっています。すなわち日経平均株価に1年間投資したという仮定した場合、その成績には最高って最低で70ポイント近くの差が出ることになります。一方、1997歳末から2007歳末まで10年間そのまま保有した場合は、+0.3%という成績だ。

このように、1年程度の短期でみると株式相場は上下に広くブレ易い性質を以ていますが、10年間、20年間という期間が長くなるにつれて、そのブレ幅は小さくなって行くことが過去の歴史から証明されていらっしゃる。もちろん、あくまでもブレ幅が縮小されるだけで、長期投資をおこなえば必ずプラスになるわけではありません。

たとえばおんなじ10年間も、1994歳末から2004歳末までの日経平均株価の騰落率は、-42%という散々な成績だ。日本株なら日本株という単独の資産に投資する場合、相場を取り巻く経済によっては、10年程度の長期投資をおこなっても十分に効果が得られないことはあるわけです。

長期投資が本当に効いて生じるのは、そこに分散投資が加わったときだ。一般に分散投資の基本は、相場の動きがそれぞれことなる国内株式、国内債券、外国株式、外国債券への「4資産分散」と言われています。これら4資産へ均等に分散投資をおこなったとして、1990年から2007年までの1年ごとの成績を調べてみると、18年間のうち5年間はマイナスになっていました。ところが、おんなじ4資産への均等分散で10年間の長期投資をおこなった場合、「(1980年~)1990年まで」から「(1997年~)2007年まで」の、いずれの10年間をとってもプラスになります。

このことから、長期投資といった分散投資という代表的な2つのリスク低減手法は、同時に実践することを通じて大きなシナジーをつくり、着実な成果をもたらしていただけることがわかります。

バイナリーオプション