毎日の株価を気にしすぎない

株式投資を始めたばかりの頃は、どうしても毎日の株価の動きが気になって仕舞う。株価が多少なりとも下がったりすると、「こういう銘柄を選んだのは失敗だったんじゃないか?」として仕舞う。

銘柄を選ぶ時、その会社の業績や株価データなどをじっくり調べてから、その株式を買ったはず。どんな銘柄も、株価は上下やる。株価をチェックすることは大切だけど、毎日の小さな変動を気にするよりは、むしろテレビのニュースや新聞を見て、その企業の業績を大きく左右するような出来事が起こっていないかをチェックしよう。その企業がキミの期待通り業績を上げているなら、株価も少しずつも上昇していくと出来る。

株価変動
毎日の株価の変動を見ながら、売り買いを頻繁に繰り返し、利益を得る・・・という株式投資のやり方も、いらっしゃるには起こる。でも、この方法は大変し、成功するのは難しい。
ある程度の期間、株式を保ち積み重ねるつもりで株式投資を決める。短期的な株価の動きに惑わされ辛くなり、おのずと企業の業績や将来性などに目が通うはず。

投資のメリットとデメリットを比較