投資は自己責任

人に求められ、現に買って、本当にもうかった・・・に関してもある。しかし、これでは自分で会社の業績や株価動向を読み解こうとする姿勢が生まれないし、もし損をしてしまった場合に、自分の責任として捉えることもできない。

どの株式に投資するのかという判断は、必ず自分でして、仮に悪い結果となっても自分の責任としてとらえる。これが「自己責任」の考え方です。

自己責任
自己責任の意識を持って株式投資にのぞめば、おのずと目先の株価の動きだけでなく、その会社の業績などをより深く知ろうとするし、結果的に“宜しい会社に投資して、経済の発展に貢献する”という株式投資の本来の姿勢も自然と身について出向く。

カードローン自己破産とは